TAKEO’ Paper Selection for Digital Print @virtual office

Space

1
2-1-scaled-2
4
5
7
8
9
10
12
13-scaled-1
14
16
17
18
19
20
22
23
15
24
25
25-scaled-1
27
28
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41

Paper Sample

IMGP4572
IMGP4582
IMGP4583

Credit

TAKEO’ Paper Selection for Digital Print @virtual office

クライアント:
竹尾

アートディレクション:
中野豪雄

デザイン:
川瀬亜美

2016. Feb

印刷産業の見本市「page2016」にて出展された、
紙の専門商社・竹尾の展示ブース。
近年飛躍的な成長を見せるデジタルプリントの可能性を、
竹尾のファインペーパーをベースに提案する展示空間である。
壁一面にあるカラーストライプは「NTラシャ」全指定色を使用し、
ファンシーペーパーの特徴のひとつである
カラーバリエーションを想起させる空間を意図した。
壁面に掲示した10種類のポスターでは、
壁面と同配置のカラーストライプの上に、
台上に展示されている様々なオフィス用品の展開図を配置し、
これらが切り抜かれて展示物が出来上がることを示唆している。
ポスターは全てB2サイズのレーザープリントで作られている。
これまで小さな判型でしか対応ができなかったレーザープリントが、
大判サイズで印刷できることによって
オフセット印刷を凌駕する可能性も暗示させている。
展示台では仮想のオフィス空間を意図した
様々なツールを並べているが、書籍や封筒、コースターはもとより、
ノートPCや掛け時計も全て印刷見本であり、
多様な用紙に各メーカーが推奨する印刷技術を
組みあわせて制作した。
これらのツールをもとに、展示棚では質感や用紙色を変えて
展開したものを陳列し、用紙のセレクトによって広がる
表現の可能性を示している。
来場者のほとんどがオフィスワーカーであることを踏まえた
「バーチャルオフィス」というコンセプトを
全ての展示物において一貫させ、
紙とデジタルプリントの具体的な用途提案へと繋げている。

TAKEO’ Paper Selection for Digital Print @virtual office

Client:
Takeo

Art direction:
Takeo Nakano

Design:
Ami Kawase

2016. Feb

TAKEO’ Paper Selection for Digital Print @virtual office